なぜそこまで?とにかく無駄を省く異常なまでの時短生活!でも同感

当ページのリンクには広告が含まれています。

先日テレビを観ていたら信じられない!

って思ったけど最後は同感ってことがあったんです。

それはある1人のヴァイオリニストの話だったんですが、とにかく無駄を省くって内容だったんです。

生活のあらゆる部分を効率化して時短の連続。

そのヴァイオリニストの1日密着の映像が流れていたのです。

目次

異常なまでの時短の生活

ある1人のヴァイオリニストが起床するところからカメラが回ってます。

起きるとすぐに部屋の中を走るんです。

寝室から洗面所まで走っていき、ほんの数秒で顔を洗いまた走って今度はキッチンへ。

朝食を急いで作ります。

何かの競技のように思える光景。

これは嘘だろ!

こんなのテレビのやらせだよ

こんな生活疲れて仕方がない

と思いながら観ていると今度は食材の買い出しへスーパーへ。

買い物も無駄のない動きで品物を選び、ほんの4~5分ですぐにレジへ。

会計時にはレジの通った品物をすぐに買い物袋へ詰めていく。

そして買い物が終わりスーパーを出るとまた走る。

スタッフが追いかけていくのがやっと。

みたいな笑いの入る映像。

まぁここまでくると完全にテレビのネタだなって思いました。

なぜそこまでやる?

ここまで生活の1つ1つを急いで効率よく!?(慌ただしい感じにしかみえませんでしたが 笑)過ごすのには理由があったのです。

それはヴァイオリンを弾く時間を多く作るため。

この理由にはちょっと感動しました。

プロ中のプロじゃんって。

同感

ヴァイオリンを弾く時間を少しでも捻出するために、他のことは少しでも時短行動。

これには同感する部分がすごくあるんですよね。

さすがに家の中を走ってまではやらないですが、僕も普段こんな感覚があるんです。

それはブログをやる時間を少しでも捻出するために、平日は昼の仕事を1分でも1秒でも早く終わらせて帰ろうとしていること。

とにかく平日は仕事の拘束時間がないから、ブログ作業をする時間が1分でも欲しいんです。

だから少しでも仕事の効率化を図り早く終わらせる。

こんな毎日を過ごしてきてるから、最後の理由には強く共感しました。

最後に

さすがにこのヴァイオリニストの行動までいくとちょっと大袈裟かなって思う部分もありますが、気持ち的にはかなり分かります。

好きなことを、やりたいことに少しでも触れる時間を捻出するために、他の余計なことを削る。

強くこの考えに納得です。

時間は有限。

何にどれだけ時間を配分するか。

どこかを、何かを削ってやりたいことに全てを費やす。

素敵な生き方ですよね。

👇応援してくれると泣いて喜びます👇

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれのただのおっさん。
こんな歳でも将来の夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
ブロガー、ギターリスト、時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次