ゲージューになりました。気持ちを新たに毎日更新中です。「ゲージューの独り言」を開設しました。合わせてお楽しみ下さい。

【蓋付きマグカップ】マグ1つでこんなに違うなんてチョットした感動があります

蓋付マグカップのアイキャッチ画像

蓋付きマグカップはとても便利ですよね。

特にデスクワークをしながらだと、ちょっと手がマグカップに引っかかってこぼしたりしたらもう大変。


パソコンが!

書類が!


なんて取り返しのつかないことになってしまいます。

こんな心配を一掃してくれるのが蓋付きマグカップ。

様々なものが出ていますが、最近購入した蓋付きマグカップにちょっとした感動を覚えたのでレビューしたいと思います。

目次

マグカップ1つでこんなに違う

蓋付マグカップ-17
マグカップ1つでこんなに変わるなんて・・

会社ではインスタント珈琲を飲んでいるのですが、冒頭でも触れた通りこぼすと大変なので蓋付きマグカップに淹れて飲んでいるんです。

先日10年ぐらい使っていたマグカップが壊れてしまって新しいものを購入しました。

そこでビックリしたんです。

何がって?

中身はいつも入れている同じ珈琲なんですがとても美味しい。

マグカップが新しくなったから気分の問題ではと思われがちですが絶対に違うんです。

珈琲そのものの香りがとても深いところまで感じられ、いつものインスタントなのに

「こんなに美味かったっけ?」

と喫茶店の珈琲でも飲んでいるぐらいの錯覚を覚えたぐらい。

いつもは1日2杯飲んでいるのですがこの日はあまりにも美味しく感じ、再び珈琲の味と香りを楽しみたくなり倍の4杯飲んでしまいました。

マグカップ1つでこんなに変わるんですね。

ちょっとした感動です。

ちょっとした感動をくれた蓋付きマグカップ

蓋付マグカップ-4
今回購入したFORTECのマグカップ

そんなちょっとした感動をくれたマグカップは、特に高いわけでもなくどこかのブランドでもなく、普通にAmazonのタイムセールで購入したもの。

こんな蓋付きマグカップです。

蓋付マグカップ-15
蓋付マグカップ-14
蓋付マグカップ-16

口に当たる部分の縁の薄さ

多分これが1番珈琲を美味しくしせてくれているポイントだと思います。

口に運んだ時に当たるマグカップの縁が薄いんです。

蓋付マグカップ-11

ワイングラスなんかは薄ければ薄いほど味がダイレクトに伝わってきてワインそのものの味を堪能できますよね。

そんな感覚と同じなのでしょう。

でもマグカップで珈琲がここまで変わるとは本当にびっくり。

飲む時のこぼれ防止を考えたデザイン

この写真を見てもらえば分かるのですが、口に運ぶ側になればなるほどマグの縁が高くなってるんです。

蓋付マグカップ-13
蓋付マグカップ-12
蓋付マグカップ-7

これってとても考えられたデザインで、口に運ぶ際に中から飲み物が出でくる時にちょっとした受け皿的な役目を果たすんです。

だからパッと飲んだ時に溢れにくい。

以前使用していたマグカップはここのスペースがなかったので、しっかりと縁に口を挟んでから飲まないとたまにこぼれる時がありました。

ちょっとしたことですが嬉しいデザインです。

文句なしのデザインと機能性

上記以外には他の蓋付きマグカップとほぼ同じ感じ。

色は好みがありますが、このダークブルーっていうのはちょっとおしゃれな色ですよね。

飲む時はスライドして開けます。

蓋付マグカップ-10
蓋付マグカップ-9

保温性があるので温かいもの、または冷たいものの温度をキープしてくれます。

保温効力は68度以上が1時間、保冷効力は9度以下が1時間あるようです。

蓋付マグカップ-8
蓋付マグカップ-2

まとめ

蓋付マグカップ-17
デザインも色もおしゃれ

たかがマグカップ、されどマグカップ。

なんとなく見た目だけで買ってしまいましたが、まさかマグカップ1つでここまで飲み物が美味しく感じることにはびっくりクリクリくりっくりでした。

今は断然コーヒータイムが楽しみになりました。

やっぱり同じ食材でもこういったカップや皿などでだいぶ変わるっていうのを実感しました。(今更・・笑)

値段も安いので蓋付きマグカップを探している方には、ぜひこの感動を体験してほしいです。

Enjoy Coffee Time Life!

👇応援してくれると泣いて喜びます👇

蓋付マグカップのアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれのただのおっさん。
こんな歳でも将来の夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
ブロガー、ギターリスト、時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次