花粉症はもう怖くない!寝る時にできる徹底対策で朝までぐっすり

当ページのリンクには広告が含まれています。
寝る時の花粉症対策のアイキャッチ画像

「花粉症で鼻がムズムズ…夜も眠れない…」


そんなお悩みをお持ちの方、実はとっても多いんです。

本当につらいですよね。

でも寝る時にちょっとした対策をするだけで、花粉症の症状を大きく軽減することができます。


この記事では、快適な睡眠環境を整え、朝までぐっすり眠るための秘訣を徹底解説します。

  • 寝室の花粉を徹底的にシャットアウトする方法
  • 夜の症状悪化を防ぐ寝る前の習慣
  • 花粉症対策に役立つおすすめアイテム

これらの情報を実践すれば、花粉症のツラい症状を和らげ質の高い睡眠を実現することができます。

今すぐ記事を読み進めて、花粉症に負けない体づくりを始めましょう。

目次

【花粉症と睡眠】なぜ夜に症状が悪化するのか?

寝る時の花粉症対策のイメージ画像

朝起きた時に

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ
  • 頭がぼっとする

など、かなり不快な症状。

かなりつらいですよね。

でもなぜ寝起きにこんなひどい症状が起きのでしょうか?

原因を調べてみました。

花粉症の症状と体内リズムの関係

花粉症の症状は、体内リズムと密接な関係があります。

私たちの体内には、約24時間周期で活動や休息を司る「体内時計」が存在しています。

この体内時計は、ホルモン分泌や体温調節など様々な体の機能をコントロール。

花粉症の人は、夜間に副交感神経が優位になることで、鼻水や鼻づまりなどの症状が悪化しやすい傾向があります。

副交感神経は、体の休息を促す神経であり鼻の粘膜を拡張させる働きがあるんです。

そのため夜になると鼻の粘膜が腫れ、鼻水や鼻づまりなどの症状が現れやすくなります。

夜間の症状悪化の原因「モーニングアタック」

朝起きた時に症状が悪化する「モーニングアタック」。

この現象も体内リズムと関係しています。

モーニングアタックは、朝方に体内のヒスタミン濃度が急激に上昇することで起こります。

ヒスタミンはアレルギー反応に関与する物質であり、鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こします。

朝方にヒスタミン濃度が上昇する理由は

  • 夜間に溜まった鼻腔内の花粉が起床時に刺激される
  • 朝日の光によって体内時計がリセットされ活動モードに切り替わる
  • 朝の活動によって交感神経が優位になる

などが考えられています。

睡眠不足が招く悪循環

睡眠不足は、花粉症の症状を悪化させる悪循環を生み出す可能性があります。

睡眠不足になると、免疫力が低下しアレルギー反応を起こしやすくなります。

また、睡眠不足は体内リズムを乱し、夜間の症状悪化につながるモーニングアタックのリスクを高めます。

さらに、睡眠不足は集中力や判断力を低下させ日常生活にも悪影響が。

質の高い睡眠をとることは、花粉症の症状を軽減し心身の健康を維持するために非常に重要です。

【寝室の花粉対策】徹底的に侵入を防ぐ!

寝る時の花粉症対策のイメージ画像-2

花粉症の症状を軽減するためには、寝室の花粉対策が不可欠です。

花粉は、窓やドアの隙間、衣類など様々な経路で寝室に侵入します。

寝室の花粉侵入経路を把握し、徹底的に侵入を防ぐための方法を詳しく解説します。

花粉の侵入経路「寝室の弱点」を探る

寝室の花粉侵入経路を把握するために、以下のポイントをチェックしましょう。

 
開閉頻度や網戸の状態

ドア
隙間や玄関との距離

換気
換気扇や窓の設置場所

衣類
外出着の置き場所

ペット
外出後の行動

これらのポイントをチェックすることで、寝室の弱点を見つけ、効果的な対策を講じることができます。

「窓」花粉シャットアウトの徹底方法

窓は、花粉の侵入経路として最も注意が必要です。

以下の対策を徹底することで、窓から侵入する花粉を大幅に減らすことができます。

花粉症対策用の網戸
目の細かい網戸を使用する

窓の隙間対策
テープやパッキンなどで隙間を塞ぐ

カーテン
遮光カーテンや防花粉カーテンを使用する

空気清浄機
窓付近に設置する

特に、寝起きに症状が悪化する「モーニングアタック」を防ぐためには、就寝前に窓を閉め空気清浄機を稼働しておくことが効果的です。

「寝具」花粉の温床となる場所の対策

寝具は、花粉が溜まりやすい場所。

以下の対策を講じることで、寝具に付着した花粉を減らすことができます。

布団カバー
花粉を通しにくい素材を使用する

洗濯
寝具を定期的に洗濯する

掃除
掃除機で布団を掃除する

日干し
天気が良い日に布団を干す

布団を干す場合は、花粉の飛散量が少ない時間帯を選び、必ず布団カバーをかけて干しましょう。

「空気清浄機」効果的な設置場所と選び方

空気清浄機は、寝室の花粉を効果的に除去することができます。

以下のポイントを参考に、効果的な設置場所と空気清浄機を選びましょう。

設置場所
寝室の入り口付近、床から1m程度の高さ

機能
花粉モード搭載、HEPAフィルター搭載

適用畳数
寝室の広さに合ったものを選ぶ

空気清浄機は、常に稼働させておくことで効果を発揮します。

「その他」花粉を持ち込まない習慣

外出先から帰ってきたら、以下の習慣を身につけましょう。

・玄関で衣類を払い花粉を落とす
・手洗いやうがいをする
・顔や髪を洗う
・帰宅後はすぐに着替える

これらの習慣を身につけることで、寝室に持ち込む花粉を減らすことができます。

【寝る前の習慣】症状を軽減して快眠へ導く

寝る時の花粉症対策のイメージ画像-3

質の高い睡眠は、花粉症の症状を軽減し心身の健康を維持するために非常に重要です。

ここでは、寝る前に実践できる花粉症対策と、睡眠の質を高める習慣について詳しく解説します。

「入浴」花粉を洗い流してリラックス

入浴は、体表に付着した花粉を洗い流し、リラックス効果も期待できます。

以下のポイントを参考に、効果的な入浴方法を実践しましょう。

入浴時間
寝る1時間~30分前

湯温
38~40℃程度

入浴剤
アロマオイルやハーブ入浴剤

入浴後は、水分補給を忘れずに。

「就寝時の服装」快適な睡眠環境を作る

就寝時の服装は、快適な睡眠環境を作るために重要です。

素材
綿素材など通気性・吸湿性の高い素材を選ぶ

温度調節
室温に合わせて、薄手の長袖パジャマなどを選ぶ

締め付け
締め付けないゆったりとした服装を選ぶ

寝ている間に汗をかいても、すぐに乾いて体温調節しやすい服装を選びましょう。

「薬」効果的な服用タイミングと注意点

花粉症の薬は、就寝前に服用することで夜間の症状悪化を抑えることができます。

服用タイミング
寝る1時間~30分前

持続時間
薬の種類によって異なるため、説明書を確認する

副作用
眠気などの副作用がある場合は、車の運転や機械の操作は避ける

薬の服用は、医師の指示に従って正しく行いましょう。

「その他」睡眠の質を高める習慣

睡眠の質を高めるためには、以下の習慣も効果的です。

寝室の環境
暗く静かな環境を整える

寝る前のスマホ
ブルーライトを避けるため、寝る1時間前には使用を控える

寝る前の食事
寝る直前に食べると、睡眠の質が低下する

適度な運動
適度な運動は質の高い睡眠を促す

規則正しい生活習慣を心がけることも重要です。

【おすすめアイテム】花粉症対策グッズ

寝る時の花粉症対策のイメージ画像-4

花粉症対策には、様々なアイテムが役立ちます。

ここでは寝室で使えるおすすめの花粉症対策グッズを、それぞれのメリット・デメリットと選び方のポイントとともにご紹介します。

「寝室用空気清浄機」花粉を徹底的に除去

寝室用空気清浄機は、花粉を徹底的に除去し快適な睡眠環境を整えることができます。

メリット・デメリット

メリット
  • 花粉をはじめ、PM2.5やウイルス・ハウスダストなども除去
  • 寝室全体の花粉を効率的に除去
  • タイマー機能や静音設計など、便利な機能が搭載
デメリット
  • 他のアイテムに比べて価格が高い
  • フィルター交換が必要

選び方のポイント

・寝室の広さに合った適用畳数を選ぶ
・花粉モード搭載
・静音設計
・フィルター交換時期の確認

おすすめ商品

「マスク」就寝中の花粉対策

マスクは、就寝中の花粉を直接吸い込むのを防ぐことができます。

メリット・デメリット

メリット
  • 手軽に使える
  • 比較的安価
  • 洗って繰り返し使えるタイプもある
デメリット
  • 蒸れや息苦しさを感じることがある
  • 顔に合わないと隙間から花粉が入ってくる

選び方のポイント

・口と鼻を覆う大きめのサイズを選ぶ
・顔にフィットする形状
・通気性の良い素材

おすすめ商品

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「鼻洗浄器」鼻腔内の花粉を洗い流す

鼻洗浄器は、鼻腔内の花粉を洗い流し鼻づまりや鼻水などの症状を緩和します。

メリット・デメリット

メリット
  • 鼻腔内の花粉を直接洗い流せる
  • 薬に頼らない対策
  • 繰り返し使える
デメリット
  • 最初は慣れるまで難しいと感じる人もいる
  • 鼻腔内を傷つけないように優しく使用する必要がある

選び方のポイント

・使いやすい形状
・洗浄液の種類
・タンク容量

おすすめ商品

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「その他」快適な睡眠をサポートするグッズ

以下は、快適な睡眠をサポートし花粉症対策にも役立つアイテムです。

アイマスク
光を遮断し、睡眠の質を高める


栓音を遮断し、睡眠環境を整える

加湿器
適切な湿度を保ち、鼻腔内の乾燥を防ぐ

アロマオイル
リラックス効果のある香りで、快眠を促す

これらのアイテムを組み合わせて、自分に合った対策を見つけることが重要です。

まとめ

寝る時の花粉症対策のイメージ画像-5

継続的な対策と情報収集で、花粉症の季節を快適に過ごしましょう!

ポイント
  1. 花粉症は睡眠不足で悪化する悪循環に陥りやすい
  2. 寝室の花粉対策と寝る前の習慣を見直すことで質の高い睡眠を実現
  3. おすすめアイテムを活用し自分に合った対策を見つけることが大切

👇応援してくれると泣いて喜びます👇

寝る時の花粉症対策のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれのただのおっさん。
こんな歳でも将来の夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
ブロガー、ギターリスト、時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次