【家庭用プリンター】何を基準に選べばいい?ピッタリのものを見つける方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
プリンター選びの基準のアイキャッチ画像
  • 家庭用プリンターを購入したいけどたくさんの種類があるから迷う
  • 何を基準に選んでいいのかさっぱり分からない

確かに家庭用プリンターってすごいたくさんでていて、どんなものを選んだらいいのか全く見当もつかないですよね。


私も全くちんぷんかんで選ぶのも億劫になっていますが、今のプリンターが壊れてしまい購入したいと思い色々調べました。

結局は自分がどういう使い方をするのかをまずは整理すれば、購入すべきプリンターが見えてきたんです。

その整理方法をご紹介いたします。


この記事を読めばしっかりと自分が欲しい家庭用プリンターが見えてきて、購入する際には迷わずに探せます。

目次

多種多様の家庭用プリンターがあるから迷ってしまう

プリンター選びの基準のイメージ画像

家庭用プリンターも多種多様。

値段的に言えば1万を切るものから10万を超えるものまで。

機能についても

  • 白黒のみなのかカラーなのか
  • スキャン機能の有無
  • FAX機能の有無

など、細かいところまで見ると選ぶことはたくさんあります。


またメーカーはどうするのか、同じような値段ならスペックはどこまで選ぶのか


等どんどんどんどん悩むことに。

家庭用プリンターを選ぶ基準はまず頭の中を整理

プリンター選びの基準のイメージ画像-2

こんなに多い家庭用プリンターだからどんなものを選べばいいのか、ある程度頭の中を整理しといた方が購入する際にスムーズです。


ざっくりでもいいのでまずは

・予算的にいくらまで
・最低条件欲しい機能

ぐらいは決めておくといいです。

現在のプリンターが壊れて購入する際の基準を作成

プリンター選びの基準のイメージ画像-3

最近我が家のプリンターが壊れてしまったんです。


紙を吸い込まなくなってしまいました。


最初は騙し騙し吸い込むタイミングの時に手で少し押してやればなんとか印刷できていたのですが、しばらくしたら手で紙を押しても全く吸い込まなくなったんです。


だから印刷もコピーもできない。

スキャンはできる。


紙を使わなければ他の機能は生きているのでもったいない。


ということで次の新しいものを購入する際に、ある程度自分が欲しい基準というものを整理して作成しました。

自分にピッタリの家庭用プリンターを選ぶ基準

プリンター選びの基準のイメージ画像-4
Canonプリンター公式ホームページより

以前の壊れたプリンターを参考に、自分が欲しい家庭用プリンターの基準を以下に示します。


使い用途は

こんな使い方
  • 普段はほとんど使わない
  • たまに手帳に挟む資料を印刷
  • 保存しておきたい書類をスキャン
  • 年末に年賀状を印刷

こんな使い方でのプリンターに求める機能基準です。


同じような方は参考になると思います。

メーカー

メーカーは今まで3台ぐらいずっとCanonのプリンターを使ってきたので、引き続き同じCanonでいきたいと思います。


今さら他のメーカーでまた操作を覚えるのは色々と面倒。


それならずっと慣れているCanonの方が、新しいものを購入した時も大体の操作性は同じなのでスムーズに使えます。

スマホと接続

プリンター選びの基準のイメージ画像-5

Canonプリンター公式ホームページ
より

これも外せいない機能。


スマホ接続ができる機種なら、作った資料や写真などスマホの中身のものをそのままプリントアウトできます。


またCanonのプリンター用のアプリがあるので年賀状などスマホのアプリで作成できます。


プリンターに繋げて印刷すれば簡単にでき、宛名書きもできるのでとても便利。

カラー印刷

白黒のみではなくカラー印刷もできるものがいいですよね。


書類などの印刷も例えば赤字の色が入っているものなど、そのまま赤字で印刷されたほうが重要な箇所だと一目瞭然。

白黒だけだと分かりにくい。


またスマホの写真も印刷することができると考えると、どうせ買うならカラー印刷ができるものは最低条件にしておいて損がありません。

コピー・スキャナー付き

これも今まで使ってきた機種が全部ついていて「あって良かった」と思える機能だったので、引き続き条件にしたいと思います。


コピーは年に数える程度ですが、使う機会がどうしてもあります。

その度にコンビニに行くのも面倒。


またスキャナーは書類で保存しておきたいものは、スキャンしてスマホにデータとして保存しておくと紙ベースの保存がいらないのでかなり便利。


ちなみに給料明細などもスキャンして紙の方は捨てています。

前面・背面の2WAY給紙

プリンター選びの基準のイメージ画像-6

Canonプリンター公式ホームページ
より

次に購入するものは、この前面・背面の2WAY方式のものを狙っています。


先ほども書きましたが、故障したプリンターは紙を吸い込まなくなったんです。

前面からの給紙のみ。

多分吸い込み口についているローラーの摩耗が原因で吸い込まなくなったと思うのですが、また同じような故障が起きた時にもう1つ給紙口があれば対応できます。

両面印刷

両面印刷ができると結構便利です。


私は手帳にPDFで落とした大事な書類や自ら作った書類をプリンターで印刷して挟んでいます。

両面印刷ができれば2枚分の書類を表裏と両面印刷できるのでかなりいい。

故障したプリンターの前のものは片面印刷しかできなかったので、2つ分の書類をそれぞれ印刷して貼り合わせてから手帳に挟んでいました。

もちろん2枚分の厚さになってしまうのでちょっと汚い仕上がりに。


手帳以外でも両面印刷ができた方が何かと便利です。

15,000円以下

値段はピンからキリまであり色々なメーカーのものや種類を調べましたが、1万以下だとかなり機能性が乏しいものしかありません。


その反面予算的にある程度出せればもっと機能性に富んだものを選べますが、冒頭にも説明したようにプリンターを使う頻度はあまりありません。


だからこれらの機能を最低限持っているものの相場が、大体1万から2万円の間のものが多い。


ということで、2万近くは出したくないので出しても1万5千円ぐらいまでということになります。

選んだ家庭用プリンターはズバリこれ!

これまでの条件を満たしているもので、現在のCanonのプリンター機種だと以下の2機種が当てはまります。

楽天スーパーDEALSHOP
¥21,030 (2023/11/03 04:53時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ヤマダ電機 楽天市場店
¥13,027 (2023/11/03 04:54時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

できればTS-7330の少しスペックが高い方が欲しいですが、あとは値段次第。


今のところAmazonや楽天のブラックフライデーセールで、どのぐらい割引になるか期待しているところです。

まとめ

プリンター選びは何を基準に選んでいいかかなり迷います。


まずは自分や家族が使う用途を紙に書き出し、欲しい機能をピックアップ。


あとはメーカーと予算的にみてどの辺のものがあるのか絞っていくと、あーだこーだ迷わずにかなり絞れると思います。


プリンター選びの参考になれば幸いです。

👇応援してくれると泣いて喜びます👇

プリンター選びの基準のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれ。
将来の夢はプロブロガー&ギターリスト。
外はおっさんでも中は夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次