【防災グッズ】必要なものは何?最低限揃えたいものをギュッと絞ってみました

当ページのリンクには広告が含まれています。
最低限必要な防災グッズのアイキャッチ画像

2024年1月1日に起きた石川県能登地方などの大地震。

被災された皆様にはお見舞い申し上げます。


テレビで被災地の状況を観ていると心苦しくなりますが、みなさん普段から災害対策はされていますか?


明日は我が身。

今回のこの大地震を教訓に、できる範囲でも防災に備えておきたいですよね。

今すぐにでも最低限揃えたいものをギュッと絞ってまとめてみました。

目次

今回の地震を教訓に

最低限必要な防災グッズのイメージ画像

2024年の元旦1月1日に石川県能登地方で起きた最大震度7の大地震。

とてもショッキングな出来事ですが、人ごとではありません。

冒頭でも述べましたが明日、いや今日我々にも起こり得ることです。

今回のこの地震を人ごとと思わずに教訓にしたいですよね。


もし自分が被災したら?


と考えると想像もつきませんが、今からできることは災害に対しての備え。

防災グッズを今すぐにでも用意することは可能です。

早速どんなものを用意すればいいのか調べてみました。

防災グッズを調べたらかなり多い

最低限必要な防災グッズのイメージ画像-2

いくつかのサイトを調べてみたら、揃えた方がいい防災グッズの多いこと。

もちろん備えあれば憂いなしですが正直


こんなに揃えるの?


って勝手ながら思ってしまいました。

確かにこれらを揃えればいざという時にかなり役立つと思うのですが、全てを揃えるのはなかなか大変。

理想の防災グッズを事項にまとめてみます。

理想の防災グッズ

最低限必要な防災グッズのイメージ画像-3

理想の防災グッズは、3場面に応じてそれぞれ用意しておくこと。

以下の通りです。

3場面に対して

災害はいつどこで起こるか分かりません。

理想の災害対策は、シーンに応じて用意しておくことです。

普段用

普段の外出時に災害に見舞われた時に用意しておくといいもの。

いつも持ち歩く鞄の中に。

食料:簡単にお腹を満たせるもの(チョコバーなど)、飲料水
停電への備え:現金、モバイルバッテリー
貴重品:健康保険証、運転免許証

避難用

避難場所へ避難する時に用意しておくといいもの。

寝室や玄関などに。

飲料水
簡単な食べ物
携帯トイレ
LEDライトランタン
電池式モバイルバッテリー
現金
健康保険証のコピー
ヘルメット
カイロ
万能ナイフ
軍手
レインコート
歯ブラシ
筆記用具

自宅避難用

自宅で避難する時に用意しておくといいもの。

それぞれの場所へ。


カセットコンロ
LEDライトランタン
電池式モバイルバッテリー
乾電池
乾麺
パックご飯
缶詰
レトルト食品
簡易トイレ
手回しラジオ
カセット式のストーブ
カイロ
電池式の扇風機
コンセントも使えるモバイルバッテリー
毛布
寝袋

市販の防災セットでの備えもあり

最低限必要な防災グッズのイメージ画像-4

これだけ多いとちょっと大変と思ってしまいます。

普段からあるものならいいですが、新たに備えるとなると腰が重くなりますよね。

それならば市販されている防災セットを、家族人数分用意しておくのもいいのではないでしょうか。

リュックサック1つにまとまっているので、いざという時の安心感に繋がります。

防災グッズで最低でも必要なもの

最低限必要な防災グッズのイメージ画像-5

でもこれだけ種類が多いと、揃えるもの大変だし収納場所や定期的な管理などの問題も出てきます。

全て用意できればそれに越したことはありませんが、私個人的な意見はちょっと無理かも・・と思ってしまいました。

そこで、最低でもこれだけあれば何とかなるという一時凌ぎ的なものを最低限までギュッと絞ってみました。


被災したら1番に困るのは停電です。


今や電気なしではほぼ生活が難しい環境になっています。

そんな視点を中心に、最低でも必要なものをまとめてみます。

食料

まずは何といっても食料ですよね。

最低限食べなければ生きていけません。

停電時でも食べられる乾パンや缶詰、レトルト食品などは用意しておきたいですよね。

あとはペットボトルに入った水も必須です。

現金

今や現金もほとんど使わない電子マネー中心の生活になってしまいましたが、いざという時はやはり現金が強い。

停電になったら、お店のレジも使えず現金で買い物になる場面もあるかもしれません。

またスマホが使えなくなった場合など、連絡を取りたい時には公衆電話という手段もあり。

公衆電話用の小銭も用意しておきましょう。

ラジオ

情報をとる場合にはスマホが速いですが、正確な情報を得るにはやはりラジオは最強。

停電時でも使える、以下のどちらかを揃えておくと安心です。

電池式ラジオ

乾電池で使用できるラジオ。

イーベストPC・家電館
¥5,445 (2024/01/02 09:51時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

手回し式ラジオ

乾電池いらずで手で回せば使用できるラジオ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

モバイルバッテリー

今や電気がないと成り立たない生活で、やっぱりモバイルバッテリーは持っていて損はありません。

いろんな種類のものがあるので、この機会に用意しておきたいですよね。

コンセント機器も使えるモバイルバッテリー

コンセント機器をつかるのはありがたい。

一時凌ぎに。

乾電池式モバイルバッテリー

乾電池さえあればスマホが充電できる。

ソーラーパワー式モバイルバッテリー

太陽光さえあれば、モバイルバッテリーの充電ができる

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

最低限必要な防災グッズのイメージ画像-6

自然災害はいつどこで起きるか分かりません。

災害対策として、防災グッズを揃えることは大事だと今回の大地震から実感しました。

でも揃えておくものは多種多様。

最低限に必要なものだけでも、まずは揃えることが第一歩です。

ポイント
  1. 最低限必要なものだけでも揃えておきたい
  2. 食料
  3. 現金
  4. ラジオ
  5. モバイルバッテリー
最低限必要な防災グッズのアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれ。
将来の夢はプロブロガー&ギターリスト。
外はおっさんでも中は夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次