雨の日のランニングはどうする?歴7年週末ランナーの判断基準

当ページのリンクには広告が含まれています。

週末ランナーにとって週末のランニングは楽しみの1つ。

ダイエットをキッカケに走り始め、すっかりランニングの魅力に取り憑かれました。


そんな楽しみのランニング。


やっと待ち遠しかった週末が来て朝起きると雨。

もちろん前日から今日の天気予報はチェックしていましたが、雨の予報でも一応


「止んでいるかもしれない」


というごく少しの可能性を信じて、窓の外を見るや天気予報が的中。


ここでどうするか悩みませんか?


この記事では雨の日のランニングは走るか走らないか迷っている人に向けて、週末ランナー歴7年になる筆者の判断基準をご紹介したいと思います。

少しでも判断基準のご参考になれば幸いです。

目次

ダイエットで始めた週末ランニング

ランニングを始める前は身長165cmで80kgとおデブちゃん。

さすがに80kgという数字に重い腰が上がり、ダイエットランニングを始めました。

順調に減量に成功。

日に日に体重が減り、体型が変わり、楽しくなると同時にどんどんランニングの魅力にもハマっていきました。

そこから週末ランニングを始めて7年目。

今や土日の朝のルーティンになりました。

ここまで来れば完全に歯を磨くなどの習慣と一緒で、走らないと気持ち悪いレベル。

だから当たり前に週末の朝は走るという意識になり、楽しみの1つにもなりました。

ランニングには魅力がたくさんありますが、1つだけ上げるとすれば苦しいけど楽しい。

達成感が半端ないんですよね。


「やってやったぞ!」


っていうのが1番の魅力。

自己肯定感を十分に味わえるから最高です。

50代になり無理は禁物と思うように

週末のルーティンになったダイエットランニング。

平日は仕事で忙しく週末しか走れないという気持ちなので、以前は休日の土日は天気関係なしに走っていました。

雨の日も台風の日も雪の日も。

これはこれで危ない時もありましたが、慎重に走りそれなりの楽しみ方もできていたんです。

でも最近は歳なのか無理は禁物と思うようになったんです。

悪天候のなか走って風邪をひいたらどうしようとか、雪の中走って転んで怪我をしたらどうしようとか。

数年前までは


「この悪天候に負けてたまるか!」


的な精神状態で走りにいっていたのですが、最近はこの気持ちはなくなりました。

悲しいことなのか正しい判断ができるようになったのか弱気になったのか分かりませんが、そこで無理して走っても仕方ないと思うようになったんです。

走るか走らないの判断基準

走る、走らないの判断はその日の朝にしています。

こんな判断基準です。

気温

季節によって雨の日は感じ方が違いますよね。

夏の雨なら気持ちのいいシャワーランができるので走りにいきます。

夏のランニングは汗をすごくかくので、雨が降っても降らなくても一緒なんです。

走り終えるとランニングウェアは絞ると汗が滴り落ちるぐらい。

だから夏の雨の日は走っていて逆にとても気持ちがいいんです。


恵みの雨!


的な気持ち。

雨の日は水着(トランクス型)で走っています。

その反面、冬の雨は完全に休むようにしています。

風邪をひいたら大変。

仕事や生活にも支障をきたすし、長引いたら次の週末のランニングまでできなくなってしまう恐れが。

気温がだいたい15℃前後を基準に決めています。

雨の降り方

雨の降り方も判断基準の1つ。

暑い夏の雨でも土砂降りだと視界も狭くなるので危ないです。

また台風のような嵐の日も風が強く吹くので視界も狭くなるし、何か飛んできて当たったりしたら大怪我になる恐れも。

慎重な判断をした方がいいです。

体調

その日の体調は最も大事にした方がいいです。

前日まで


「明日は暑い中でも雨でシャワーランを楽しめるからラッキー」


なんて思っていても、いざ朝起きたら体調がすぐれない。

でも気持ちは走りたい。

そんな時は迷わず休むようにしています。

そこで無理して走りにいき倒れでもしたら大変。

何かの前兆ってことも考えれらます。

自分の身体にしっかりと耳を傾け、体調には十分に注意を払っていきたいですよね。

走らない時に代わりにやっていること

ダイエット目的のランニングなので、この1日を休んだらまた太ってしまうという不安もでてきてしまいます。

以前の僕はこの気持ちが大きかったので、どんな悪天候でも走りにいっていました。

でも前項でも述べたような判断基準ができそれを満たさなければランニングを休むことにしていますが、それでもやっぱりダイエットのことは気になります。


走れない代わりに何かはやりたい。


だから家の中で筋トレをやるようにしています。

これはかなりおすすめなんですが


『世界一痩せる走り方』


という本があり、その中で紹介されている筋トレがこれまたいいんです。

10分やると10km走った時と同じ負荷を脚にかけられる筋トレが写真付きで紹介されているですが、これがかなりきつい。

最初は全メニューをできないほどのキツさ。

全てやり終えると脚がプルプルきて汗ダラダラになります。

道具も何もいらないので、手軽にできるところもおすすめです。

¥1,430 (2024/02/25 16:53時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

若いなら多少無理してもいいと思いますが、歳をとるほど自分が思っているよりも体力が落ちてくるのは事実。

気づかないうちに身体も変化していることは自覚したいですよね。


だから無理は禁物。


ランニングの代わりになる筋トレで雨の日を凌ぐのも立派な判断。

ランニングは筋トレも大事だし痩せるにはある程度の筋力も必須。

上手に精神的・体力的にバランスをとって楽しいランニングライフを送っていきましょう。

ポイント
  1. その日の気温
  2. 雨の降り方
  3. その日の体調
  4. 休む時は家で代わりに筋トレ
  5. 10分やると10km走った時と同じ負荷を脚にかけられる筋トレはおすすめ

👇応援してくれると泣いて喜びます👇

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれのただのおっさん。
こんな歳でも将来の夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
ブロガー、ギターリスト、時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次