手書きノートで成果を最大限に引き出す方法!分かりやすく具体的に解説された一冊

当ページのリンクには広告が含まれています。
手書きノートから成果を出す方法のアイキャッチ画像

手書きノートを活用して成果を最大化したい人におすすめの本のご紹介。

情報過多の現代社会で、手書きノートは驚くほど効果的なツールになります。

手書きノートの効果や方法を知りたい人におすすめ。

より効率的で具体的に分かりやすく解説された一冊です。

目次

メモから最大限の成果を引き出す

手書きノートから成果を出す方法の画像

ご紹介する本はこちらの


超ノート術 佐藤ねじ著


著者の佐藤ねじ氏はアートディレクター。

これまでに「ハイブリッド黒板アプリ Kocri」や「貞子3D2 スマ4D」、「しゃべる名刺」などの代表作があるアイディアマン。

そんな佐藤ネジ氏のアイディアとはどうやって出されるのか、が具体的に書かれた内容となっている本です。

こんな人におすすめの本

手書きノートから成果を出す方法の画像-2
  • ノート術を知りたい
  • ノートから成果を出したい
  • アイディアいっぱいのノート術を知りたい
  • ノートからの発想方法を知りたい

今時手書きノート?


って言われそうですが、やっぱり何かをさっとメモったりアイディアを出したり考えたりする時には、手書きは強いです。

私も手書き派でその効果は実感していますが、実際に仕事につながるような成果を発揮するまでには至っていません。

そんな同じ悩みを抱える人には、ぜひ読んでもらいたい内容が盛りだくさんの1冊です。

「超ノート術」のおすすめポイント

手書きノートから成果を出す方法の画像-3

それではどんな内容なのか。

ポイントを絞ってご紹介いたします。

いつでもメモをとる習慣をつける

例えば、自分の子供が何か面白いことを言ったときに、「これは!」と思ってメモを取ります。飲み会で夜遅くにへべれけになっても、友人の何気ない一言に反応して「あとで使えるかも」と思って突然ビールジョッキのコースターにメモしたりするのです。

本書17ページより

手書きノートや手帳を使う人にはこれは必須のこと。

まずは、目に止まったことやちょっとした引っかかったことでもすぐにメモすることを習慣化するべきです。

文字に表しておかない限り、頭の中だけではいざという時にも発想はできないし、できたとしても時間がかかったりいい案が出ません。

私もこれは賛成の部分。

常にアンテナを張っておき記録しておく。

大事なポイントです。

2冊のノートを併用する

ヒントは、博報堂ケトルのクリエイティブディレクターである鳴浩一郎さんの書いた本『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』(ディスカヴァー携書)にありました。嶋さんは、選りすぐりの面白いトピックスだけを集めた1軍ノートを作っておき、企画のネタとして使います。いわば、ミュージシャンのヒットソングだけを集めたベストアルバムを作るようなものです。これを自分なりにやってみました。そして、普段のメモを取るノートのことを2軍ノートと呼びます。

本書22ページより

これはぜひ真似したい部分です。

大体はメモを見てそこから何かを生み出す作業が一般的ですが、佐藤ねじ氏はそこからさらに発展させて記録しています。

いつものメモは2軍ノートと読んでいて、そこから発想を膨らませ別の1軍ノートというものに記録。

2冊併用の方法なら、いざという時に1軍ノートだけを見ればすぐにアイディアを取り出せます。

手書きノートから成果を出す方法の画像-4
本書より著者の実際の1軍メモ

1軍ノートはイラスト付きで保存

具体的にはどうするか。まず、普段2軍ノートとして使っているものより高級で、ひと回り小さなモレスキンを1軍ノートとして使うことにしました。持っているだけでうれしくなります。そして、必ず自分の手書きイラストをつけて、ひと目でどんな内容かわかるようにしました。いわば、ビジュアルメモです。これは、自分が企画を提案するときに手書きイラストを使うことが多いので、アウトプットがすぐイメージできるようにしたものです。パラパラめくるだけで楽しくなり、また打ち合わせ中に人に見せると盛り上がる効果があります。

本書80ページより

1軍ノートにはイラスト付きのメモ。

実際に佐藤ねじ氏の1軍ノートが掲載されていますが、非常に分かりやすい。

これはすごいですよね。

もちろん自分に合った方法で箇条書きなどの1軍ノートでもいいとは言ってますが、やっぱりイラストだと1発でパーンっと内容が入ってきます。

下手でもいいからこれは真似する価値ありだと思います。

最後に

手書きノートから成果を出す方法の画像-5

色々なノート術の本が出ていて私は今までに数々読んできましたが、佐藤ねじ氏のこのノート術はかなり参考になりました。

やっぱり文字だけだと後で見返した時に一瞬


うんっ!?


と思い出す時間が僅かでも出てきます。

でもイラストなら漫画を見る感覚でスーッと入ってきてすぐに思い出せる。


ノート術はどの方法が合うかは人それぞれ。

読み返してすぐにアイディアを取り出せ、いつでも楽しめるノートを作りたい人にはかなり参考になる1冊です。

楽天ブックス
¥1,540 (2024/04/03 05:00時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

👇応援してくれると泣いて喜びます👇

手書きノートから成果を出す方法のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれのただのおっさん。
こんな歳でも将来の夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
ブロガー、ギターリスト、時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次