ゲージューになりました。気持ちを新たに毎日更新中です。「ゲージューの独り言」を開設しました。合わせてお楽しみ下さい。

【年収1億円になる人の習慣】年収を上げる方法が分かる!36の習慣がこの1冊に

年収1億円になる人の習慣の本

タイトルのインパクトがすごい。

単純に年収1億円って興味が湧きませんか。

自分には関係ない、お金には全く興味がないって思う人は少ないと思うんです。

毎日生活していく上でお金は大事。

もちろんお金だけではないですが、お金があれば大抵の悩みは解消できます。

毎日働いている中でも少しでも給料が上がればいいですよね。

単純に1億円も稼ぐ人の習慣ってどんな感じなんだろう?

って思いこの本を読んでみました。

目次

「年収1億円になる人の習慣|山下誠司」はこんな本

楽天ブックス
¥1,650 (2022/11/03 04:55時点 | 楽天市場調べ)

この本は大まかに下記のような構成になっています。

前書きからボリュームがすごい

前書きから内容も量もすごいと思ったのが読み始めの印象です。

1億円プレーヤーを何人か例に出して、やっている習慣や考え方・価値観などが書かれています。

メインの本文に載せる内容と思えるほど、前書きからガンガン心に突き刺さります。

大きくて分けて5種類の習慣からの構成

本の構成は

  1. 基本の習慣
  2. 仕事の習慣
  3. 生活の習慣
  4. 学びの習慣
  5. 人生の習慣

の5分野。

それぞれにいくつかの事例を載せて解説。

全部で36の習慣が載せられています。

どんな習慣があるのか参考にできます。

自分がやっている習慣があるのか、新しい発見があるのかチェックできます。

何でこの本を読もうと思ったのか?

1億円。

って聞いただけで誰でも食いつきますよね。

宝くじでも当たればとか他にも方法はあるかと思いますが、しっかりと自分で働いて1億円という収入を得てみたい。

ただ漠然とではなく


そうなったらどうしたいか?


そんなところまで想像が膨らみます。

夢があります。

具体的にはこんな印象をもったからです。

年収1億円になった時の想像が浮かんだ

人生一度きり。

やっぱりお金に困らない人生を送ってみたい。

現在は困るまでではなく普通に仕事して普通に生活できていますが、やっぱり買い物の時は値段を見ています。

当然自分の生活レベルにあった買い物をしないと大変なことになってしまいます。

でも本当はあっちの方が欲しかった、妥協しないでワンランク上のものが欲しいという気持ちは常について回っています。

この自分の気持ちに素直な買い物をしたい、値段を見ないで物だけを見てピンときたものを買いたい。

そんな欲を満たしてみたいんです。

それにはいくらあれば足りるか分かりませんが、何となく年収1億円もあればほぼ満たされるのでは

とのイメージから興味が湧きました。

習慣という言葉に惹かれた

習慣。

そんな1億円プレーヤーの習慣はどんなものか知りたいですよね。

個人的なことですが、ここ数年で習慣にできたことがいくつかあります。

最近は習慣化のコツが分かってきて、何かを習慣にしたい時はスムーズにできるようになってきました。

だから1億円プレーヤーの習慣を真似すれば近づけるんじゃないかって単純に思ったんです。

何でもそうですが、成功している人の真似をすれば近道です。

この本から勉強になったところ

実際に読んでどんな本だったのか、どんなところがためになったのか、印象に残ったところをピックアップしてみます。

とにかくスピード「行動が先、考えるのはあと」

仕事は「質」よりも「スピード」。「フライング」なら、なおよし

本書40ページより

仕事が出来る人はスピードが速いということはよく聞く話です。

でもそれを鬼スピード、それも何かを始める時はフライングで先に走るぐらいの速さ。

「行動が先、考えるのはあと」ということですが、大抵の人はこの逆ですよね。

何かにとりかかる時にまずはそのことについて考えてから行動に移す。

でも100億円プレーヤーは全く逆の発想。

だから仕事に関しても判断や処理能力が速いんです。

早起き

年収1400万円以上の「6割以上」が朝型

本書64ページより

世の中で成功している人で朝型が多いという話も有名ですよね。

僕もこの本を読む前からですが、早起きをして朝活をする習慣が身につきました。

きっかけは自分を変えたかったから。

早起きはメリットだらけで朝活をやるようになって4年ぐらいになりますが実感しています。

本書では早起きによって得られる効果が書いてありますが、どれも納得のいく理由ばかり。

そう、そう、

なんて頷きながら同感して読めました。

量が質を生む

「完璧主義」ではなく「最善主義」で仕事をする

本書88ページより

これは最近自分が悩んでいた内容です。

以前までは完璧主義にこだわっていたのですが、こだわるあまり時間がかかるんですよね。

そんな細かいところまで完璧にしなくてもって言われるぐらいに。

着手している内容にもよりますが、まずはスピードが大事。

何が目的なのか、そこをしっかりと見極め「完璧主義」ではなく「最善主義」でという言葉が心に響きました。

スピードを上げ量をこなす。

こなしていけば必然と質も上がっていく。

そんなところにも共感を得ました。

最後に

年収1億円になる人の習慣の本-2

本に載っている36項目の習慣から現在の自分はいくつできているか、チェックして足りないところを補っていくのもいいかもしれません。

現在の自分と年収1億円の人の習慣を具体的にチェックして、収入が高い人の思考と生活行動をチェックできる1冊です。

Enjoy Habit Life

楽天ブックス
¥1,650 (2022/11/03 04:55時点 | 楽天市場調べ)

👇応援してくれると泣いて喜びます👇

年収1億円になる人の習慣の本

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれのただのおっさん。
こんな歳でも将来の夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
ブロガー、ギターリスト、時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次